島根原発2号機はプルサーマル

島根原発2号機はプルサーマルが計画されています。

プルサーマルとは

 従来の原発(軽水炉)で、ウラン燃料とプルトニウム燃料を混ぜて作ったMOX燃料を利用することをプルサーマルと言います。

言葉の由来
 従来の原発(軽水炉)は熱中性子炉(サーマルリアクター)の一種です。プルトニウムをサーマルリアクターで利用することから、プルサーマルという造語が使われるようになりました。

プルトニウムとは
 自然界にはウラン鉱石中にごく微量のプルトニウムが存在しますが、それを除くとすべてのプルトニウムは人工的に生成されたものです。
 従来の原発(軽水炉)で使用する燃料は、核分裂を起こすウラン235と起こさないウラン238が混ざっています。それらを核燃料として使用すると、ウラン238の一部が変化してプルトニウムができます。
 プルトニウムは放射性物質で、強い毒性があります。

MOX燃料とは
 従来の原発(軽水炉)の使用済み核燃料中に1%程度含まれるプルトニウムを再処理により取り出し、ウランと混ぜてプルトニウム濃度を4-9%に高めた核燃料をMOX燃料と言います。
 二酸化プルトニウムと二酸化ウランを混ぜますので正式には混合酸化物燃料と言います。その略称がMOX燃料です。

 プルサーマルをなぜ導入するのか(必要性)
 中国電力から島根県・松江市に提出された申し入れ「ウラン・ プルトニウム混合酸化物燃料の使用について」の添付書類・「ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料の使用について」には「使用理由」として次の3点が書かれています。

(1)ウラン資源の有効利用
  再処理により回収したプルトニウムを利用することは将来にわたるエネルギーの安定供給の観点から有用。
(2)プルトニウムの平和利用
  (プルトニウムは核兵器に使用可能ですから、)プルサーマルによりこれを平和利用していくことが重要。
(3)国の方針
  「エネルギー基本計画」(2003年10月閣議決定)においても,プルトニウムの確実な利用という点で,当面の中軸となるプルサーマルを着実に推進していく旨が再確認。


プルサーマルの危険性
 ウィキペディアの「プルサーマル」には「欠点」として次のように書かれています。

 プルサーマル方式は、元々ウラン燃料を前提とした軽水炉でプルトニウムを(一部)燃やすこともあり、経済的な面の他、技術的な課題が多い。

再処理にかかわる部分
 軽水炉からの高レベル核廃棄物をそのままガラス固化させる場合と比べ、核燃料を処理する工程が増えるため事故が発生する確率は相対的にやや高まる。
 使用済み防護服や、廃水など低レベル廃棄物も含めた最終的な放射性廃棄物の総量はかえって増える。
 冷戦終結後、ウラン資源の需給は安定しており、再処理費までMOX燃料の製造コストの一部と看做すと経済的に引き合わない状態になっている。使用済み核燃料を数万年監視するコストを考えないならば、再処理の手間をかける分、ワンススルーより不経済になる。
 再処理を行うと核燃料の高次化が進むため、最大でも2サイクルまでしか行えない。

MOX燃料の軽水炉での燃焼にかかわる部分
 プルトニウムは遅発中性子がウランより少なく、やや制御棒の効きが悪くなるので「ウランを想定して設計された炉で燃やす場合」は、最初は1/3装荷などで様子を見る必要がある。
 高速増殖炉と比べて燃焼中に核燃料の高次化が進みやすく、・・・中略・・・事故が発生した場合には従来の軽水炉よりプルトニウム・アメリシウム・キュリウムなどの超ウラン元素の放出量が多くなる。・・・以下省略・・・

MOX燃料そのものの持つ危険性
 ウラン新燃料に比べ放射能が高いため、作業員の被曝リスクが高まる。


島根県の考え方(島根県のホームページより)
島根原子力発電所2号機のウラン・プルトニウム混合酸化物燃料の使用について(回答)

 安全性については、国による厳格な安全審査と中国電力における適正な運転を前提に確保されること、また、必要性については理解できることから、中国電力からの事前了解願いについては、基本的に了解する。
 なお、最終的な回答は、国の安全審査まで留保し、安全審査結果を確認した上で最終的な事前了解を行う。

 この判断に至った理由は、下記のとおりである。
 ・・・省略・・・


 経過(島根原子力発電所(ウィキペディア)より)

2005年(平成17年)9月12日
 中国電力は島根原発2号機でプルサーマル計画を実施したいと、島根県と松江市に対して事前了解願いを出した。その時点で、島根県はすぐに了解の結論を出そうとしたが、松江市は慎重な姿勢を取った。

2005年(平成17年)11月~
 島根県は同年11月「ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料に関する懇談会」を設置した。懇談会は翌2006年5月にかけて10回開かれた。懇談会により事前了解を可とする意見書がまとめられ、2006年5月に県知事に提出された。

2006年(平成18年)2月~
 一方の松江市は、2006年2月1日から7月15日までの期間、公民館単位で住民説明を行った。その他、学習会やシンポジウムを開いた。2006年になって活断層の存在が実証されると、市長自ら現地に出かけて説明を受けた。

2006年(平成18年)10月23日
 島根県,松江市が原子炉設置変更許可申請を了解。中国電力が国(経済産業大臣)に原子炉設置変更許可を申請。

2008年(平成20年)10月28日
 国(経済産業大臣)は、原子炉設置変更を許可。

2009年(平成21年)6月21日
 中国電力は、当初の2010年度までのプルサーマルの実施の計画を見直し、2015年度までの早期のプルサーマル実施を目指すこととした。
(以上、島根原子力発電所(ウィキペディア)より)

2018年(平成30年)10月31日
 中国電力は、島根原子力発電所2号機の安全対策工事の完了予定時期が1年遅れの2019年度になると発表。