島根原発 主なトラブル

島根原発の主なトラブルとしてウィキペディアにはつぎの8例が掲載されています。

1977年(昭和52年)3月1日
 1号機:制御棒駆動水が戻り、ノズルにひびが生ずる。

1981年(昭和56年)6月16日
 1号機:配管から蒸気漏洩。

1981年(昭和56年)12月7日
 1号機:制御棒駆動系挿入・引き抜き配管の表面に傷がみつかる。

1992年(平成4年)2月20日
 1号機:中性子束異常信号のため原子炉が自動停止する。

1995年(平成7年)1月30日
 2号機:緊急停止排出水容器・水位異常高信号のため原子炉が自動停止する。国際原子力事象評価尺度(INES)はレベル1
(注)

2004年(平成16年)3月17日
 2号機:格納容器内の冷却機の凝縮水量と床ドレン量が増加し、原子炉を手動で停止させる。

2006年(平成18年)10月13日
 1号機:復水貯蔵タンクに腐食がみつかる

2010年(平成22年)4月30日
 中国電力は、経済産業省原子力安全・保安院と島根県、松江市に対し、島根原発1,2号機の総点検の調査結果についての報告書を提出した。報告書によれば、点検計画表の誤記載による機器の超過使用が506ヶ所、点検の誤記載と記載漏れも1159ヶ所あったとされる。


(注)レベル1とは
 国際原子力事象評価尺度の説明には次のように出ています。
 「レベル1 逸脱 運転制限範囲からの逸脱」
 その事例として
 ・ 「もんじゅ」ナトリウム漏洩(1995年)
 ・ 関西電力美浜発電所3号機・2次冷却水配管蒸気噴出(2004年)等
                  (ウィキペディアより)

 作業員が放射能を浴びたり外部に放射能が漏れたりしていませんが、大事故となる場合もあると理解できます。

 環境省のホームページには次のような図が出ています。